LOOPER
LOOPER

LOOPER|ライアン・ジョンソン

LOOPER
LOOPER

粗筋は知っていたものの、本編は見ていなかった作品です。ブルース・ウィリス主演の作品を立て続けに見ていますが、ブルース・ウィリスのアクション映画でハズレはあまりないので安心して視聴できますね。

物語は30年後の将来、タイムマシンが開発されたが違法となり犯罪組織が密かに悪用していて、証拠の残らない過去に送りルーパーと呼ばれる暗殺者が暗殺しているという設定で展開していきます。

未来の自分がルーパーを抜けたり裏切ったりすると過去へ送られ自分自身で始末しなければならない。もし始末できなかった場合、現在の自分に恐ろしい制裁が加えられ、現在と未来の自分が消されてしまう。主人公の友人が過去から送られてきた自分を始末できず、現在の自分からの逃亡中に未来の自分の体の一部が次々に失われていき過去の自分が拷問を受けていることに気づき組織へ助けを求める。指が一本また一本と無くなり、鼻や耳、そして四肢と・・・。このシーンは少し怖かったですね。

そんな中、主人公も未来の自分が送られてきます。何度かタイムリープがありますが、最後の選択肢は未来の自分を殺せず逃がしてしまう。現在の自分の身が危なくなった主人公は過去の自分が残したヒントを頼りに未来の自分を始末するために追跡を始めます。
追跡の最中、過去が変わってしまったため未来の自分の記憶が変化してしまいます。大切な記憶を無くさないため何度も思い出して忘れないようにする演出は少し切ないです。

未来を変えるために、未来から来た主人公は未来でルーパーを一掃しようと暗躍しているレインメーカーを現在で暗殺しようと奔走するのですが、レインメーカーは誰なのか、未来は変えられるのか、終盤盛り上がっていきます。

見た感想は、面白いアイデアの作品ですが、タイムトラベルやタイムスリップの理論からするとかなりご都合的ですね。レインメーカーもレインメーカーだけが特殊な能力を持っているのか、その力を何に使ったのか。詳しい方は突っ込みどころ満載でしょうが、そこは暗黙のお約束ですね。

LOOPER

ルーパー:未来の犯罪者を消す職業。―標的は必ず消す。30年後の自分であっても。
近未来―タイムマシンは開発されていたが、その使用は禁じられ、犯罪組織のみが利用していた。
彼らは、証拠を残さず敵を消し去りたいとき、30年前に転送する。“ルーパー"と呼ばれる暗殺者の元へ―。
凄腕ルーパー、ジョーの元に、ターゲットの抹殺指令が入る。それは、いつも通りの単純な仕事のはずだった。
だが、送られてきたのは“30年後の自分"。引き金を引くことを躊躇ったジョーの不意をつき、未来から来た“自分"は街へと消えていく。
「奴を殺さなければ、自分が消される! 」必死に追跡する現代のジョー。
ようやく未来の“自分"を追い詰めたとき、彼がこの時代へ来た、驚くべき理由が明かされる。
男が過去にまで来て変えようとしているものとは?
謎多き未来の独裁者“レインメーカー"とは一体―?

■CAST
オールド・ジョー:ブルース・ウィリス
ヤング・ジョー:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
サラ:エミリー・ブラント
セス:ポール・ダノ
キッド・ブルー:ノア・セガン
スージー:パイパー・ペラーポ
エイブ:ジェフ・ダニエルズ

監督・脚本:ライアン・ジョンソン

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事