パッケージデザイン
パッケージデザイン
ティファールのウォックパン買いました

いつもはティファールのフライパン28cmを使って料理していますが、野菜炒めなどを作るときに野菜がフライパンから飛び出してしまいチョットなぁと思っていました。料理はいつも大盛りサイズで作るので、野菜炒めだと山盛りの野菜をフライパンに放り込みます。28cmの大きめのフライパンでも野菜を混ぜにくいしストレスが溜まります。やっぱり中華鍋の様な深さがあるフライパンが必要かなぁと思いながら料理していたわけです。先日も野菜を炒めている最中にキャベツが飛び出まくり、やっぱり買おうと決意した次第です。

パッケージデザイン
パッケージデザイン
24~26cmが希望でしたが・・・

中華鍋や深さのあるフライパンなど色々な形状のものを探しましたが、野菜炒め以外にも肉や魚を焼いたりしたいのでウォックパンにすることにしました。今回も色々なメーカーを探してみましたが、なかなか思い通りのサイズと価格の商品が見つかりません。どうせ見つからないならT-falの製品にしてフライパンのメーカーを統一してもいいなと思いT-falの公式ホームページで製品のラインナップを確認しました。前に買ったt-falのフライパンは28cmでIHにのせた時に大きすぎるし洗いづらい、加えて食洗器に入らないという不満点があり、24~26cmくらいのサイズがいいかなと思っていました。しかしT-falの公式でもウォックパンは28cmしかない。底部分が小さくなる形状なので小さなものは作れないのでしょう。ここは諦めて28cmのウォックパンを購入しました。

T-fl ハードチタニウム・プラス ウォックパン 表
T-fl ハードチタニウム・プラス ウォックパン 表
T-fl ハードチタニウム・プラス ウォックパン 裏
T-fl ハードチタニウム・プラス ウォックパン 裏
T-fl ハードチタニウム・プラス ウォックパン
T-fl ハードチタニウム・プラス ウォックパン
T-falチタニウム・プラスシリーズ

前に購入したT-falのハードチタニウム・プラスのフライパンに合わせて、今回もT-falハードチタニウム・プラスシリーズのウォックパンにしました。ハードチタニウム・プラスはT-falの商品の中でも6層コーティングで高耐久性、3倍長持ちをうたったシリーズです。少々お高いですが、間違いないでしょう。全体的に黒っぽく、男性的なデザインになっています。ピカピカに光っている底面のシルバーとのコントラストがかっこいいですね。

T-fl ハードチタニウム・プラス コーティング面
T-fl ハードチタニウム・プラス コーティング面
T-falといえばお馴染みの

ウオックパンの底中央にはT-falではお馴染みのTマーク。最適温度で料理開始できます。ウオックパン底の三角形の粒の集合のようなデザインはIH対応のものです。ガス専用のものとは異なります。
T-falのフライパンで調理した時はいつも鍋がまだ熱いときにキッチンペーパーなどで油や焦げを拭き取っています。コーティングのおかげで簡単に拭き取れ、洗うときに洗剤も少なくて済むし、洗いものの時間短縮にもなって一石二鳥。

T-fl ハードチタニウム・プラス 底デザイン
T-fl ハードチタニウム・プラス 底デザイン

ウオックパンの底の裏はドット状のデザインになっています。T-fal INDUCTION TECHNOLOGY MADE IN FRANCEの刻印が高級感を漂わせています。さり気なく所有する喜びを感じさせます。

ウォックパンの深さイメージ
ウォックパンの深さイメージ
深さのあるウオックパン

さすが、深さも十分あります。これなら野菜炒めも野菜が飛び出ること無く料理できますね。揚げ焼きや天ぷらも作れそうです。少量の油で料理できるので揚げ物の頻度も上がるかも。でも、新品のティファールは天ぷら鍋にはしないかな。少し勿体ない気がするし、コーティングは大丈夫なのかチョット心配なので。

取っ手部分の固定ネジ
取っ手部分の固定ネジ
トルクネジなんですよね

取っ手の固定はトルクネジが使用されています。商品によってはネジのゆるみが気になることがあるのでネジは特殊ネジではなく一般的なネジを使って欲しいかな。一般的なサイズのトルクネジは100円ショップにもあるので1本揃えておくといざというときに便利ですね。
取っ手は男の人だと持ちやすいサイズ感ですが、女性はどうなんでしょう・・・。円柱形ではなく、少し平たい形状の取っ手になっています。円柱形に比べ持った時に鍋が安定する気がします。ツルツルした素材ではないので滑らずしっかりグリップできます。

IHでの使用イメージ
IHでの使用イメージ
IHでの使用イメージ
IHでの使用イメージ
食洗器に入れたサイズイメージ
食洗器に入れたサイズイメージ
サイズ的にはこんな感じですね

同じサイズのフライパンは独り暮らしには少し大きく使い勝手も微妙でしたが、ウオックパンはこれくらいのサイズがいいのかな。底の部分の面積が小さいのでIHには丁度いい大きさでした。28cmのフライパンはIHに振れる面積が広く熱ムラができますが、底の面積が小さいウオックパンは熱ムラがなさそうです。ただしフライパン同様、調理台からははみ出し気味になります。
食洗器には普通に入れようとすると入りません。中の仕切りをとるなどして斜めに入れれば何とか入りそうです。ただ、その分洗える食器の数は減らさないといけなくなりますね。食洗器で洗うなら24~26cmまでにするか、取っ手が取り外せるタイプにするのがベターでしょう。

デメリットもあります

やはり28cmは大きいということですね。食洗器には入らない、手洗いも洗いにくい。重量もかなりあり、空の状態でも女性が片手で煽れる重さじゃないかな。食材が入ればもっと重くなるわけなので、両手で持って煽ったり移動したりすることになります。28cmの大きな鍋でしかもT-falのようにしっかりとした作りで鍋の厚みもあるので、料理開始前の過熱も時間がかかります。
使用用途に合ったサイズの鍋を揃えるのが良いですね。経験を積んで調理器具もボチボチと揃えていきたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事