鐘崎のブランドイカ一本鎗
鐘崎のブランドイカ一本鎗

数日前にも行った宗像市鐘崎漁港の鐘の岬活魚センターにまたまた行ってきました。平日の午前中だとお客さんも私たちだけで安心して買うことが出来ました。この日は先日購入したアオリイカを購入しようと考えていましたが、残念ながらこの日はアオリイカはあがっていませんでした。

鐘の岬活魚センター
鐘の岬活魚センター

ですが、ヒラス、サザエ、甲イカ、ヤリイカ、ヒラメ、真鯛、チヌ、アジなどが生簀で元気に泳いでいました。どれも今朝獲れたものばかりで鮮度抜群、おまけに激安です。ヒラマサの子供、ヒラスは1尾1,000円、サザエは1㎏1,200円、その他ヤリイカや甲イカなどは重量によって価格が決まります。

お目当てのアオリイカはありませんでしたが、甲イカとヤリイカ、ヒラスを購入しました。自分で選ぶこともできるので、値段と相談しながら選びます。選んだ魚は計量器で重さを測って値段が決定、購入したイカは墨袋を取ってくれます。イカを購入したら生簀から取り出すときや計量の時はチョット離れた場所で見守りましょう。イカが吐いた墨が飛び散って衣服についてしまう事があります。イカの墨は衣類に付くと洗濯しても落ちない上、生臭いです。

計量の時に近くで見ていた私にイカの最後っ屁、墨の洗礼を受けました。この日はたまたま作業用のボロボロTシャツを着ていたので助かりましたが、お気に入りのTシャツだったらと思うと不幸中の幸いでした。

鐘崎のブランドイカ一本鎗
鐘崎のブランドイカ一本鎗

こちらはヤリイカ、1杯2,300円でした。鐘崎のイカは一本鎗と名付けられたブランドイカです。一本鎗の由来は福岡県の民謡、黒田節で歌われる「酒は飲め飲め 飲むならば日(ひ)の本(もと)一の この槍(やり)を飲みとるほどに 飲むならばこれぞまことの黒田武士」の槍。

鐘崎のブランドイカ一本鎗
鐘崎のブランドイカ一本鎗

イカといえば九州では呼子のイカが有名ですよね。ですが鐘崎のイカも味は負けてはいません。地元ではよく知られている事ですが、実は鐘崎のイカは呼子に運ばれているからなんです。呼子にも新鮮な魚介を求めてドライブに良く出かけますが、美味しいイカは身近でも食すことが出来るんです。

ヤリイカはコリコリとした食感と身の甘さで刺身が最高に美味しいイカです。ゲソも天ぷらにして美味しくいただけるイカの万能選手。どのイカにするか迷ったらヤリイカを選べば間違いないでしょう。これで2~3人前の刺身になりました。

甲イカとヒラス
甲イカとヒラス

甲イカとヒラスはお店で下ろしていただきました。下ろされる前の写真を撮る間もないくらいの手際で下ろされてしまったため、下ろす前の写真はありません(汗 甲イカは1,800円。肉厚で甘みのある身は握り寿司にすると酢飯と相性も良く食べ応えがあります。

甲イカとヒラスの刺身&吸い物
甲イカとヒラスの刺身&吸い物

ヒラスは今が旬で程よく脂の乗った身は刺身が美味しい。ヒラスのアラは定番お吸い物にしてみました。甲イカは握り寿司が美味しいとか言って刺身で食べるという・・・(笑

生産者直売
生産者直売

鐘崎漁港からの帰りにいつものビワの直売所に立ち寄りました。生産者の方が運良くいらっしゃいましたが、ビワは予約分しか無いとのこと。九州は梅雨入りしたという事でビワ生産者の方が雨が降る前にビワの収穫を終えてしまったらしい。ですが山奥まで立ち寄ったという事で気の毒に思われたのか、一箱だけならと譲っていただけることになりました。こんなにビワが詰まった箱ひと箱が何と1,000円。安いでしょう!

岡垣の特産ビワ
岡垣の特産高倉びわ

岡垣のビワは高級フルーツ高倉びわとして販売されています。前回購入させていただいたビワは長崎早生という品種で、実は小ぶりですが香り高く、糖度13度もあり甘いビワでした。今回購入したのは別の品種で大粒、肉厚でジューシー、食べ応えもあります。私はこちらが好みでした。梅雨に入り今年はもうすぐ枇杷の旬も終わりです。来年は予約入れるかな。

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事