道の駅うきは
道の駅うきは

久しぶりにドライブに行ってきました。目的は以前から行きたかったドライブコースで道の駅うきはに行くこと。普段は走らない田川・英彦山を経由して小石原を抜けて田舎道、裏道を通って山を越えて浮羽へ。途中、道の駅や地元の人には有名な穴場にも立ち寄りながら、のんびりと楽しんできました。

チロルチョコのアウトレットショップ

北九州市から直方を通過し、田川方面へ車を走らせます。田川直方バイパスは通らず、彦山川の川沿いをのんびりドライブ。近くにチロルチョコのアウトレットショップがあることを思い出し、立ち寄る事にしました。チロルチョコアウトレットショップは国道201号線沿線にあり、大きなチロルチョコの看板が目印になっています。
まだ早い時間でしたが、すでに駐車場は満車状態。ショップ前には三密を避けるため入店の際の人数制限による行列ができていました。お客さんの回転も速いので、それ程待たずに入店できました。
なるだけ早く買い物を済ませようと、余り考えもせず買い物かごにチョコを投入していった結果、山ほどのチョコを購入。この日は時間も早く、多くの種類が販売されていたので買い過ぎちゃいました。この量でどれでも一袋500円。単価の高いものは量が少し少なめになっています。自分用、お土産用あわせて約6kgなり(汗。

道の駅おおとう桜街道

道の駅おおとう桜街道
道の駅おおとう

国道201号線を少し戻り、県道52号線を再び英彦山方面へ走らせます。以前、仕事の関係でこの道を毎日通ていて、毎日のように利用していた道の駅おおとう。今回も道の駅おおとうへ立ち寄り野菜などを購入しました。シーズンには激安のキノコが大量に販売され、キノコ好きの私はこれを目当てに通っていました。隣接のおおとう花公園にはシーズンを迎えたコスモスが一面に咲いていて、風に揺れるコスモスがとても綺麗でした。

コスモス
コスモス

山口油屋福太郎 添田町めんべい工場

山口油屋福太郎 添田町めんべい工場
めんべい工場
めんべい辛口
めんべい辛口

そして、これまたお決まり、添田町にある山口油屋福太郎めんべい工場の直売所でアウトレット品を購入。この日はプレーンと辛口の2種類アウトレットがありました。めんべい以外にも地元の特産品や明太子なども販売しています。中でも今回私が推すのは、わらび餅のアウトレット。きなこと黒蜜の2種類があって、黒蜜を初めて購入。わらび餅は1kg入って何と540円、凄くお勧めです。冷凍食品となりますが、自然解凍できな粉もサラサラの状態で美味しくいただけます。商品撮影前に家族で完食してしまいました(滝汗。

道の駅うきは

道の駅うきは
道の駅うきは

道の駅うきはまでは購入したお菓子などを食べながらのんびりと田舎道、山道を走りました。県道52号線から国道500号線に入り小石原へ。小石原で国道211号線に乗って、また県道52号線に合流した後、国道210号線に出たら日田方面に走ること数分。浮羽までは歓遊舎ひこさんや道の駅小石原や原鶴など多くの道の駅もありますが、今回は時間の関係でスルー。一気に道の駅うきはに向かいました。道の駅うきはに到着した頃には駐車場はほぼ満車状態でびっくり。お目当ての野菜など食材を購入して、裏の展望デッキのベンチに座って景色を眺めながら持参したおにぎりを頬張りました。天気も良く、トラックジャケットを着ているだけで汗ばむくらいでした。

ほとめき市場 一太郎/明治屋びっくり市

ほとめき市場 一太郎
ほとめき市場 一太郎

帰りはいつも通り朝倉市方面経由で帰ろうと思っていましたが、ナビの設定ミスで飯塚市経由になってしまいました。途中、飯塚市のほとめき市場一太郎に立ち寄り夕飯のおかず、刺身や揚げ物を購入。一太郎は地元で人気の魚屋さんです。もともと鮮魚が専門らしいですが、店内には新鮮な魚介類は勿論、お寿司や揚げ物、串焼きや惣菜、地元野菜などいろいろ販売しています。物産館や回転すしも隣接していて、いつも多くの人で賑わっています。
直方市の明治屋びっくり市にも寄り道して、肉類を購入。明治屋びっくり市は精肉販売の明治屋産業が運営し、地元の八百屋さんや魚屋さんも出店している一種のショッピングモールです。安い肉を大量に買うならびっくり市というくらい地元では昔から人気のお店です。

夕飯のおかずも買い、後は自宅まで安全運転で帰りました。日帰りで何カ所も立ち寄った割に早く家に到着。充実した一日となりました。久しぶりの遠出でしたが、リフレッシュできた良いドライブになりました。


この記事が気に入ったら
フォローをお願いします

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事